新着情報

「宮城のおいしいお米の秘密」お米クイズの答えあわせはコチラ!

 JA宮城中央会は、環境保全米ひとめぼれの学校給食への提供開始を機に、「バケツ稲」の種もみを本県産ひとめぼれに変更した「宮城オリジナルセット」を製作致しました(4,000セット)。また、「宮城のおいしいお米の秘密」と題したチラシも作成し、宮城米への理解や愛着促進を目指しています。

正解は分かったかな? 答えあわせをしてみよう!!
Q1 日本人1人が1年間に消費するお米の量はどれくらい?

 (1) 50kg
 (2) 150kg
 (3) 200kg

答え:(1)50kg

 正解は(1)! 下のグラフを見ると、日本人が食べるお米の量が、約60年前と比べてどんどん減っているね。みんなはお米をどれくらい食べてる?どうして食べる量が減っているのかを考えてみてね!ヒントは昔と今の食生活のちがいだよ!

1人あたりのお米の消費量(kg)

(資料:農林水産省HP)

Q2 「米」という漢字は「八十八」を表しているといわれます。その理由は?

 (1) 実るまでに88日前後かかる
 (2) 1本の稲に88粒前後実る
 (3) 実るまでに88回前後手間をかける

答え:(3)実るまでに88回前後手間をかける

 正解は(3)! いつも私達がおいしく食べているお米は、春から秋までの間、色々な手間暇をかけることで出来上がるんだね!農家の皆さんが頑張って作ったおいしいお米が、もっと沢山の人に食べてもらえたらいいな~!

Q3 水田が果たす役割はどれ?

 (1) 自然災害を防ぐ
 (2) 水をきれいにする
 (3) 気温の上昇を防ぐ

答え:(1)(2)(3)ぜんぶ!!

 答えの他に、水田は生き物たちの住む場所になったりもするんだよ!水田はお米を作るだけじゃない、とても大切な役割をいっぱい持っている場所なんだね!

これで君もおこめ博士! お米や水田の素晴らしさを知って、ご飯を今まで以上に美味しく食べてもらえたらうれしいな!
ページトップへ