新着情報

「JA自己改革推進大会」を開催

 JA宮城中央会は平成30年4月10日、仙台市のJAビル宮城で「JA自己改革推進大会」を開催しました。

 本大会は、JA自己改革のさらなる推進に向け、JAグループの結束を固めることを目的に開催されました。県内全JAの常勤役員、幹部職員ら約210名が参加し、「全ての役職員が一丸となって、自己改革を着実に実践し、魅力増す農業・農村の創造のため力強くまい進していく」との決議を採択しました。

 当日は、JA全中 比嘉政浩 専務、JA全農 安田忠孝 常務による情勢報告のほか、各組織の役員による経過報告などが行われ、自己改革の進捗状況や、今後の課題などについて情報を共有しました。

 JA宮城中央会の高橋正会長は、「ピンチをチャンスと捉え、大会を契機に着実に改革を実践していこう」と呼びかけました。


会場の様子


拍手で大会決議を採択する参加者ら

ページトップへ