新着情報

宮城県政記者会との懇談会を開催しました

 JA宮城中央会は2月1日(木)、宮城県政記者会との懇談会を仙台市のJAビル宮城で開催しました。新聞、テレビ8社が参加し、県内JAの組合長などと意見交換を行いました。

 当懇談会は、「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」等のJA自己改革に係る実践内容について、宮城県政記者会各社と情報共有を図る目的で開催しました。

 当日は、県内各地で進むJAの自己改革実践事例を紹介。農産物の消費拡大を目的に開発された様々な6次化商品や、県内各JAの先進的な取り組みが紹介されました。

 意見交換会では、稲作農家の担い手不足対策、米の直接支払交付金廃止による影響や対策、GAP取得に対するJAグループとしての考え方などについて質問がありました。

 JA宮城中央会の高橋正会長は「県内JAは組織の総力をあげて自己改革に取り組んでいる。皆さんの支援とご理解をお願いしたい」と話しました。


当日の様子

ページトップへ