新着情報

IYC支援隊が宮城の震災復興の地を視察

 国際協同組合年記念協同組合全国協議会(IYC記念全国協議会)によるIYC支援隊が10月20日、21日に石巻市や気仙沼、南三陸町、亘理町といった被災地域を視察しました。

 JA全中や生活クラブ連合会、日本労働者協同組合連合会などの職員約30人が参加しました。

 小松菜栽培に取り組む南三陸町あぐり第一復興組合では、星達哉組合長が営農再開に至った経緯などを説明しました。また、全国からの温かい支援や地域での雇用創出などについても意見交換しました。

 大型ハウスでトマトを栽培する気仙沼市の農業生産法人サンフレッシュ小泉農園では、先進技術を駆使した養液栽培などについて説明を受けました。

 また、JAグループと生協が協同運営する松島町のA&COOP松島店やJAみやぎ亘理管内の(株)やまもとファームみらい野なども視察し、震災からの復興状況などについて視察・交流しました。

(株)サンフレッシュ小泉農園のトマト栽培ハウス
(株)サンフレッシュ小泉農園のトマト栽培ハウス
星農場で取組みを説明する星達哉さん
星農場で取組みを説明する星達哉さん
JAと生協が協同運営するA&COOP松島店
JAと生協が協同運営するA&COOP松島店
(株)やまもとファームみらい野を案内する島田社長(左端)
(株)やまもとファームみらい野を案内する島田社長(左端)
ページトップへ