新着情報

TPPの危険性を考える映画2本を2週間にわたり上映

 映画で知ろうTPPの危険性~地元映画館と連携、「食」「くらし」を考える映画2本連続上映

 TPPから食とくらし・いのちを守るネットワーク宮城・JAグループ宮城が企画提案し、遺伝子組み換え食品や巨大企業の実態を暴くドキュメンタリー映画2本が仙台市の映画館で3月22日から2週間にわたって上映されました。

 目的は、多くの人に食の安全・安心について考えてもらうこと。上映期間中は劇場ロビーにTPPとはどういう協定なのかを紹介するポスターやパンフレットを置き、来場者にTPPの正体を知ってもらうほか、アンケートを実施しました。

映画上映取組結果

 映画上映には幅広い年代・職業の方々が多数訪れました。設置した食の安全・安心・TPPの影響についてのアンケートには約6割の方が回答していただき、ほとんどの人が「食の安全に大きな危機感を持った」と答えました。

 回答では「もっとみんなに現実を知らせてほしい」(60代女性)「TPPに参加すると残留農薬等 食の安全はなくなってしまうと思う。何を食べさせられるか恐ろしい。」(60代女性)など主婦層から切実な声が目立ちました。

 また、「食の安全を守ってくれるのはJAしかないのでは」とJAの取り組みに期待する60代男性のコメントがありました。

 こういった市民の声を、反TPPネットワーク宮城の今後の活動に生かしていきたいと思います。

(1)上映映画
  1. 「モンサントの不自然な食べもの」
3月22日~3月28日/13:00~
(2008年、フランス・カナダ・ドイツ合作、108分)

農業大国フランスで150万人が観た、「食」「いのち」をめぐるグローバル企業の実態を描いたドキュメンタリー
モンサントの不自然な食べもの
詳細はこちら
       
  2. 「世界が食べられなくなる日」
3月29日~4月4日/13:10~
(2012年、フランス映画、118分)

暴走するテクノロジー、遺伝子組み換えと原子力。
その先にどんな世界が待っているのだろうか?
世界が食べられなくなる日
詳細はこちら
       
(2)上映場所
    桜井薬局セントラルホール
仙台市青葉区中央2-5-10桜井薬局ビル3階(クリスロードアーケード内)
Tel:022-263-7868
 
       
(3)お問い合わせ先
    TPPから食とくらし・いのちを守るネットワーク宮城 事務局
(JA宮城中央会営農農政部)
FAX: 022-264-8239  TEL:022-264-8245
E-mail: chuokaieinou@ja-mg.or.jp
 
ページトップへ