新着情報

「みやぎまるごとフェスティバル2019」に参加

 JA宮城中央会は10月19日(土)・20日(日)、仙台市民広場等で開催された「みやぎまるごとフェスティバル2019」に参加しました。

 当フェスティバルは、県内の特産品等が一堂に揃う秋の恒例イベント。今年で20回目の開催を迎えました。JA宮城中央会は、宮城県農協青年連盟・JAみやぎ女性組織協議会協力のもとブースを出展し、県産米や「みんなのよい食プロジェクト」のPRを行いました。

 JA青年部員らは、「安心安全みやぎのお米」クイズラリーを実施。県産米や「みんなのよい食プロジェクト」について、楽しみながら理解を深めていただきました。


  • クイズラリーの様子

  • 2日間で約900人の方に参加いただきました

 JA女性部員らは、新米「ひとめぼれ」の試食会や、おにぎり作り体験を実施。多くの来場者が並び、ブースは賑わいました。


  • 新米試食会の様子

  • おにぎり作り体験の様子

 20日(日)にはステージイベントも実施しました。宮城県農協青年連盟の太田委員長、JAみやぎ女性組織協議会の洞口会長、また「みんなのよい食プロジェクト」のキャラクター「笑味ちゃん」もステージにあがり、県産米等についてPRしていただきました。さらに、塩釜市出身のお笑いコンビ「ニードル」も登場し、会場を大いに盛り上げていただきました。


  • ステージ上でPR

  • 笑味ちゃんも登場!


お笑いコンビの「ニードル」
宮城の方言となまりを交えたテンポの良い漫才で、会場は大盛り上がり!

 JA宮城中央会は、今後もイベントへのブース出展等を行い、宮城の農畜産物PRや地産・地消の推進を目指します。

ページトップへ